二十三代目犬山城主・正住。家臣教育のための学校・敬道館を創設した男。



成瀬家も八代目になり、時代も江戸後期。

今後の家臣育成が欠かせない風潮だったのか、犬山城にも学校が創設されました。

それを創ったのが二十三代犬山城主・成瀬正住です。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】

成瀬正住(なるせまさずみ)の生い立ち

※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


成瀬正住(まさずみ)は、文化9年(1812)成瀬正寿(まさなが)の長男として名古屋で生まれました。

文政11年(1828)より政務に携わり、従五位下主殿頭に叙任されました。

文政13年(1830)には雑用として2千俵を賜りました。

天保9年(1838)に正寿の死去により家督を継ぎ、隼人正に任じられました。

家臣育成の学校・敬道館を創設

▲ 正住は家臣教育に力を注いだという。

しかし、翌天保10年(1839)から天保14年(1843)までの約4年間、病気療養と家政改革を理由に尾張藩政から身を引いていました。

その間の天保11年(1840)には犬山に家臣教育のための学校をつくり、敬道館と名付けました。

現在のからくり展示館の辺りです。

そんな正住は、安政4年(1857)に名古屋で死去しました。

第二十三代・犬山城主のデータ

 

●城主データ●

成瀬正住(なるせまさずみ)

二十三代目城主(成瀬家八代城主)

在位 約19年:天保9年(1838)~安政4年(1857)

 

ということで、家臣育成に力を入れ、そのための学校・敬道館を創設した二十三代犬山城主・正住をご紹介しました。

 

じゃあね🖐️

 

2019年05月08日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!