犬山城 2019・2020年の年末年始のお休み情報

犬山城と文化史料館(城とまちミュージアム)の2019・2020年の年末年始のお休み情報です。

2019年は12月29日(日)~31日(火)まではお休み。

2020年は1月1日(水・祝)から通常営業です。

犬山城 2019・2020年の年末年始のお休み情報

  • 犬山城と「城とまちミュージアム(犬山市文化史料館)」は、2019年12月29日(日)~31日(火)までお休み
  • 2020年は1月1日(水・祝)から入城できます。

犬山城は例年通り12月29日~31日までお休みです。

やってないの知らずに来られる方が見えますが、この期間はお休みなので注意しましょう!

そして、犬山城と城下町のジオラマが秀逸な「城とまちミュージアム(犬山市文化史料館)」も12月29日~31日までお休みです。

お間違いなく!

そして、2020年は1月1日(水・祝)から、通常通り見学できます。

犬山城の見どころ

  • 犬山城天守のビジュアルを楽しもう!
  • ビンテージを体感しよう!
  • 廻縁・高欄で景色を楽しもう!

年末年始のお休みを利用して犬山城に行こうという方も見えると思いますが、そんなあなたにおススメのみどころを三つご紹介します。

犬山城天守の見どころと言えば、上の三つでしょうね。

他にいっぱいあるんだけど、全部紹介すると訳が分からなくなるから三つに絞りました。

犬山城天守のビジュアルを楽しもう!

犬山城はなんてったって現存天守ですし、典型的な望楼型天守ですから、ビジュアルを楽しんじゃいましょう。

  • 唐破風(からはふ)
  • 華頭窓(かとうまど)
  • 真壁造(しんかべづくり)

唐破風というのは正面中央にみえる弓なりの屋根の部分です。

これがあるからかわいらしい表情にみえますよね。

次に華頭窓ですが、最上階の中央出入り口の左右にある釣り鐘のような花形の窓です。

外から見ると目のようにも見えるんですが、近くで見ると窓枠だけなのがわかります。

これは飾り窓、つまり装飾なんですね。

最後は真壁造

最上階の外壁が柱や桁がむき出しになっているのが分かりますか?

この壁の造り方を真壁造と言いますが、現存12天守の中で、外壁が真壁造なのは犬山城天守と丸岡城天守だけという、超貴重な壁なんですよ。

ビンテージを体感しよう!

犬山城天守は江戸時代の姿を今に残す貴重な文化財です。

その当時の雰囲気がそのまま味わえます。

階段が急だったり、薄暗かったり、ヒンヤリしていたり。

建物自体も400年以上の時を経ていますから、そのビンテージな具合を味わってください。

廻縁・高欄で景色を楽しもう!

最後は最上階にある廻縁・高欄です。

ここは外に出られる、言うなれば天守のベランダです。

ぐるりと一周できるのは、現存天守では犬山城天守と高知城天守だけ

また、そこから見る濃尾平野の景色や、木曽川が悠々と流れる様子などが最高です!

ぜひご堪能くださいませ。

もっと詳しく解説してほしい!という方は、コチラ↓↓↓の動画をご覧ください。

犬山城周辺の駐車場情報

  • 駐車場は事前にチェックすべし!
  • 混雑するから、歩いて散策するのがおススメ

最後に駐車場情報を。

いつも大変混雑していますので、あらかじめチェックしておいた方がよいですよ。

ということで、まとめた記事があるのでコチラ↓↓↓をご覧ください。

【犬山城・駐車場 2019年秋冬版】犬山市民だから知っている!安い、おすすめ、混雑、穴場もご紹介!

御城印をゲットするなら

犬山城に行ったらわやっぱ御城印をゲットしてほしいですね!

だって、なかなかレアな家紋がプリントされてるからね!

詳しくはコチラ↓↓↓の記事で。

犬山城の『御城印』。4つの家紋のちょっとマニアックな意味をご紹介します。

まとめ

年末年始のお休み情報と駐車場情報、見どころをご紹介しました。

年末年始のお休みを利用して犬山城に来られる方も見えると思いますが、入れない日があるので要注意ですよ。

ということで、犬山城の年末年始のお休み情報でした。

じゃあね🖐️

2019年12月02日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です