【小牧・長久手の戦い/犬山城の戦い】 犬山城主は誰になった?



 

 

天正12年(1584年)3月13日。

わずか1日で犬山城が落城します。

その後、犬山城主は誰になったのでしょうか?

 

 

【スポンサーリンク】

新・犬山城主は、池田恒興。

 

 

当時の城主は中川定成でした。

当然、攻め落とした池田恒興が犬山城主になります。

羽柴秀吉が天正12年5月2日に出した制札に記録があります。

 

羽柴秀吉制札。
誰が城主だったかのヒントがある。

 

と書かれています。恒興が在城していた証です。

恒興は以前犬山城主だったことがあるので、みごと返り咲きですね。

が、池田恒興は4月9日に長久手の合戦(仏が根の戦い)で敗れて討死します。

つまり、1ヶ月もしないうちに城主が代わってしまうのです。

戦乱の世なので仕方ないですね。

 

 

ころころ代わる城主。池田恒興の次は?

 

では、次の城主は誰でしょう?

記録を見てみると、5月2日から加藤光泰が城主になったようです。

先の羽柴秀吉の制札です。

 

羽柴秀吉制札の続き。
「作内」とは、加藤光泰のこと。

 

文中の「作内」というのは加藤光泰のことです。

 

加藤光泰は城主になった直後の天正12年5月7日に、犬山内田渡しの船頭8人の給地を安堵するなど、犬山城主として働いている記録が残されています。

 

 

内田の渡しの常夜灯。
当時のものではないだろうけど。

 

加藤光泰は講和成立後、犬山城を織田信雄に返すまでの約7ヶ月間在城しました。

 

 

池田恒興 → 加藤光泰の空白期間

 

ここで空白期間があることに気づきませんか?

4月9日に恒興が討ち死にしてから、5月2日に加藤光泰が入場するまでの約1ヶ月間の空白期間です。

記録が無いためその間がどうなっていたのかわかりません。

まったくの空白期間です。

戦時中なので定めていなかったのかもしれませんが、

私は秀吉が城主だったのだろうと勝手に思っています。

 

根拠は全くありませんが、そのほうが犬山城の格が上がるというものです。

 

 

 

参考文献

●犬山市史 通史編上、平成9年11月25日、犬山市

●犬山市史 史料編3 考古・古代・中世、昭和58年3月31日、犬山市

●犬山市資料 第3集、昭和62年9月、犬山市

●愛知県史 資料編12 織豊2、平成19年3月31日、愛知県

●尾張志 下巻、昭和54年7月23日 復刻出版、愛知県郷土資料刊行会

●図説 犬山城、平成26年3月31日、公益財団法人 犬山城白帝文庫

●長久手町史 資料編6 中世 長久手合戦史料集、平成4年10月1日、長久手町役場

 

 

ということで、小牧・長久手の戦いのときに城主がころころ代わっていた、というお話でした。

じゃぁね。

 

 

2018年12月08日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

みんなとシェアしてね!


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読しよう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!