犬山城・杉の丸の東南隅には器械櫓とういう名の櫓があった。なに入れてた?

犬山城の杉の丸の東南隅には櫓がありました。

器械櫓という名前です。

何か器械類でも保管してたのでしょうか?


【スポンサーリンク】


※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


概要

犬山城・二の丸の一つ、杉の丸の東南隅には器械櫓という名前の櫓がありました。

この櫓は二重櫓で、本丸の南側に位置しています。

▲ 結構幅広い櫓のようです。城とまちミュージアムのジオラマより。

 

内田門、今の名鉄犬山ホテルのあたりから犬山城を眺めた時に、右手前方には大砲櫓、左前方には器械櫓が見えたと思われます。

かなり厳重な雰囲気を醸し出していたことでしょう。

▲ 針綱神社の社殿右手から杉の丸を望んだ画。奥の石垣の上辺りに器械櫓があったと思われます。

 

器械櫓という名前はなんでつけられたのでしょう?

謎です。

 

ということで、

 

器械櫓は大砲櫓とコンビで東側をディフェンスしてたんですね✨

 

ということで、

東の櫓はでっかい、犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年03月15日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です