犬山城・御成櫓は杉の丸の西南隅にある。



犬山城の御成櫓って名前の櫓があったの知ってる?

なかなかおもしろ名前だよね。

これは杉の丸の西南隅にありました。


【スポンサーリンク】


※ 犬山城ちょこっとメモでは、犬山城についての情報をちょこっとずつお届けしています。


【スポンサーリンク】

このページの目次  

概要

犬山城には御成櫓って名前の櫓が、杉の丸の西南隅にありました。

これは大手道に面していて、大手道にあがってきた敵をせん滅するために存在しています。

本丸の鉄砲櫓とともに、岩坂に差し掛かった敵を迎撃するためのものと思われます。

▲ 御成櫓跡の石垣。この上に御成櫓があったのだ。

 

御成櫓(おなりやぐら)って名前は珍しいかもしれません。

御成ということは、お殿様のためのものってことだと思いますが、犬山城で言うお殿様って城主のことか、尾張徳川藩主のことか、どっちかでしょうね。

将軍様が犬山城に来るなんてことはないでしょうから。

それにしても御成御殿なら何となくわかるけど、御成櫓っていうのは珍しい。

そういう珍しい名前が付けられているのも犬山城の特徴かも。

▲ 真ん中手前の櫓が御成櫓。珍しい名前だね。

 

御成櫓は二重櫓で、桁行(けたゆき)5間、梁行2間4尺6寸だったそうです。

一重目には格子窓、二重目には華頭窓が付けられていたとか。

これらは図面が残っているため、他のものよりも詳細にわかっています。

そんなのが復元されたら、すごくない?

 

ということで、

面が残されているのは御成櫓だけではありませんので、少しずつ紹介していきたいと思います。

 

ということで、

御成櫓って珍しい名前の櫓がある、犬山城でした。

 

じゃあね🖐️

 

2019年03月18日
犬山城マイスター!たかまる。

 

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

 

みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!