犬山城天守・武者走り(むしゃばしり)

犬山城天守の一階と二階に武者走り(むしゃばしり)があります。

武者走りとは、外壁の内側に設けられた通路のこと。

今回は犬山城天守の武者走りについて解説します。

犬山城天守・武者走り(むしゃばしり)

  • 武者走りは外壁の内側の通路
  • 一階と二階にある
  • 約二間幅

犬山城天守の内部には武者走り(むしゃばしり)があります。

武者走りとは、各階の外壁の内側に作られた通路のことです。

犬山城天守の武者走りは一階と二階にあります

一階も二階も約二間幅です。

天守一階、二階の平面図を書いておきましたので、参考に見てください。

一階平面図(図:たかまる。)


二階平面図(図:たかまる。)

武者走りの役割

  • 武士が行き来する通路
  • 格子窓から外に対しての攻撃の場

武者走りはおよそ二間幅になっています。

そして入側なので外壁に接している通路です

外壁には格子窓が開けられています。

つまり武士がそこを行き来するだけでなく、外からの敵に対して格子窓から迎撃する場所でもあるのです。

外壁には格子窓があり、外の敵に対して迎撃する場所。(写真:たかまる。)

一階は敷居があり、部屋に仕切られる構造になっています。

二階は敷居がなく、ひと続きのぐるりと回れる通路になっています。

一階の武者走りは敷居がある。(写真:たかまる。)


二階の武者走りは敷居がない。(写真:たかまる。)

まとめ

犬山城天守には一階と二階に武者走りがあります。

それぞれおよそ二間幅で、ぐるりと一周回っています。

一階と二階で仕切りのあるなしがありますので、現地で確かめてみてください。

ということで、犬山城天守武者走りの解説でした。

じゃあね🖐️

2019年11月20日
犬山城マイスター!たかまる。

おススメの本

今回の内容に関連して、おススメの本をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA