赤穂城(あこうじょう)#060『史跡整備によってよみがえった、縄張りが独特な城』

日本100名城・060番・赤穂城(あこうじょう)をご紹介します。

史跡整備によってよみがえった、縄張りが独特な城です。

お城めぐりの参考に。

日本城郭検定を受験するときの参考に。

赤穂城(あこうじょう)#060『史跡整備によってよみがえった、縄張りが独特な城』

史跡整備によってよみがえった、縄張りが独特な城である赤穂城(あこうじょう)をご紹介します。

赤穂城は、兵庫県赤穂市にある城跡です。

見どころ

復元整備によって当時の姿が蘇っているところが、見所のひとつです。

縄張全体に多くの折れが作られており、この城最大の特色と言えます。

赤穂城は城域全体にわたってとてもよく整備されています。

主な遺構

本丸

二の丸

三の丸

天守台

石垣

縄張(なわばり)

赤穂城は三角州の先端という要害の地を利用しています。

築城には甲州流軍学(こうしゅうりゅうぐんがく)と山鹿流軍学(やまがりゅうぐんがく)を取り入れています。

変形の輪郭式(りんかくしき)縄張で塁線には折れを多用しています。

外堀と内堀も良く残っています。

この折れを多用した縄張りは赤穂城最大の特徴でもあり、極めて珍しい縄張りとなっています。

天守台は築かれましたが、天守は幕府の許可が下りずに築かれませんでした。

昭和58年(1983)から発掘調査が行われ、その結果に基づいて本丸門(大手門)や本丸庭園、海城ならではの船着場などが復元整備されています。

本丸門は古い写真を基に、高麗門(こうらいもん)櫓門(やぐらもん)を有する枡形門(ますがたもん)として復元整備されました。

<赤穂城の整備概要>
1.本丸
昭和57年度より本丸の本格整備開始。
本丸門・厩口門の復元
本丸門枡形石垣・厩口門袖石垣の復元修理
刎橋門石垣及び周辺石垣土塁の修理
大池泉・坪庭等の池泉遺構(本丸庭園)の復元
御殿(表御殿・奥御殿)間取りの平面表示などの整備
2.二の丸
海城の特徴である水手門石垣と船着場石垣(雁木、波上場突堤)の復元修理
遊水池周辺を水辺多目的広場に
米蔵跡は外観を米蔵風に模した休憩舎を整備
元禄の桜苑としての花見広場を整備
二之丸庭園及び二之丸城壁の復元整備中
3.三の丸
大石良雄宅跡長屋門・近藤源人宅跡長屋門の解体修理
坂田弐右衛門宅跡には武家(侍)屋敷公園として整備
大手枡形を復元整備
伝統工法に基づく侍屋敷土塀(大石内蔵助宅跡)も復元
番所跡には外観を番所風に模した休憩舎を整備
4.城外
外堀護岸の復元整備
海城舟入修景整備

縄張(なわばり)とは?

縄張(なわばり)の三つの基本形式

歴史

赤穂城はもともといつ建てられたのかははっきりしませんが、慶安(けいあん)元年(1648)に浅野長直(あさのながなお)が入城して工事に着手し、近世城郭として整備されました。

赤穂城の基本情報

別名加里屋城、仮屋城、苅屋城、蓼城
所在地〒678-0235
兵庫県赤穂市上仮屋
城の種類平城(海城)
築城年代慶安(けいあん)元年(1648)
築城者浅野長直
主な城主浅野氏、長井氏、森氏
文化財史跡の区分国指定史跡
国指定名勝
主な復元や整備本丸、二の丸、三の丸、城外にわたり幅広く整備。
概要は上にあります
天守の現況天守台のみ残る
アクセスJR 赤穂線播州「赤穂」駅から徒歩15分
日本100名城スタンプ設置場所本丸櫓門下
関連施設赤穂市立歴史博物館
大石神社
リンク国史跡赤穂城跡公式ウェブサイト

地図・マップ

まとめ

日本100名城・060番・赤穂城(あこうじょう)をご紹介しました。

史跡整備によってよみがえった、縄張りが独特な城です。

お城めぐりの参考にしてください。

また、日本城郭検定を受験するときの参考にしてください。

じゃあね🖐️

2020年04月26日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA