犬山城移築門【松の丸の裏門は常満寺という城前広場から徒歩5分のところに移築されていた!現存しているのだ】犬山城とセットで訪れたいスポット⑤常満寺



 

犬山城二の丸の一つ、松の丸には御殿が饗応がなされたと言われています。

御殿があったということは要人が集まるために、有事の際にはその要人を守る必要がありました。

そのため、松の丸には表門と裏門がありました。

その表門も裏門も移築されて現存しているというから驚きです。

この記事では裏門をご紹介します。

犬山城前広場から徒歩5分の激近の常満寺というお寺の山門となっていますので、犬山城と一緒に訪れたいスポットです!

 

 


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

松の丸裏門は犬山城近くの常満寺に移築されていた。

▲ 犬山城前広場から南へ徒歩5分。常満寺の山門が松の丸裏門だ。

松の丸裏門は今でもお寺の山門として活躍しています。

この門は犬山城前広場から徒歩5分の常満寺に移築されていました。

このお寺のウェブサイトが見当たらなかったので、日本の神社・寺院検索サイトのリンクです。

>

 

電車で訪れる場合は、名鉄犬山線の犬山駅下車西へ約15分、または犬山口駅下車北へ約16分です。

そこそこ歩かなくてはいけませんけど、犬山城とセットで見に行くなら激近です。

犬山城前広場から南へ5分です。

お車の場合は駐車場はありませんので、近くの有料駐車場に停めて徒歩でいかれるのが良いかと思います。

路上駐車など迷惑行為はされないようによろしくお願いします。

 

 

 

松の丸裏門は薬医門という形式の門です。

 

門の形式としては、薬医門(やくいもん)です。

 

 

▲ 裏から見ると薬医門であることがよくわかる。飾りなどが少ないシンプルな造りだ

 

松の丸裏門は、切妻造の薬医門、屋根は桟瓦葺(さんがわらぶき)。

間口2.8m、左右袖塀付です。

背側から見ると薬医門であることがよくわかります。

 

薬医門というのは、鏡柱と控柱、冠木を大きな屋根でおおった様式の門のこと。

 ※鏡柱(かがみばしら:左右で歌舞伎を支える柱)
 ※控柱(ひかえばしら:鏡柱を後ろで支える柱)
 ※冠木(かぶき:左右の柱の上部を貫く横木)

 

常満寺は本堂、観音堂、山門など国の史跡に指定されていましたが、2018年2月1日の火災で本堂などが焼失。

鐘楼(しょうろう)と山門だけが登録有形文化財に指定されています。

つまり、常満寺の山門=旧・犬山城松の丸裏門は国の登録有形文化財ということです。

2007年12月05日(平成19年12月05日)に登録されています。

 

▲ 常満寺は登録有形文化財になっている。

 

「犬山市史 史料編 6近代・現代」には「明治7年 73円」と記されているが、一次資料による確認ができていないようです。

文化庁の文化財データベースによると、明治10年(1877)移築とされています。

 

その解説によると、

” 通りから西に入った位置に東面して建つ。犬山城松の丸裏門を移築した、切妻造桟瓦葺の1間薬医門。太い木柄で、組物はなく、軒は一軒疎垂木とする。装飾のない簡明な意匠ながら、豪放な気風を有しており、城門としての風格を備える。”

とされています。

 

 

松の丸裏門は、松の丸御殿が有事のときの裏口だった。

 

松の丸は先述した通り二の丸の一つで、御殿がありました。

松の丸御殿です。

ここは政庁として使われたり、尾張徳川藩主が来犬したときに饗応(きょうおう)しておもてなししたり、かなり重要な場所として使われていました。

なので、もし何かあった時にはすぐに守る、逃げられるように裏門が作られていました。

 

 

▲ 松の丸裏門から出て進むと榊門へと続き、内田門のすぐ前に出る。

松の丸裏門から先は北への下り道になっており、その先に榊門がありました。

そして榊門を出ると城郭全体の搦手(からめて)にあたる内田門に続いていました。

つまり、松の丸で有事があった時には裏門から出て、そのまま内田門から逃げらるようになっていました。

松の丸裏門跡の現況は?

松の丸裏門跡は、針綱神社事務所の裏側にあり、見ることができません。

残念です。

何かの機会に見ることができたら写真を撮っておきたいと思います。

おそらく、現況は何も残っていないと思われます。

ちなみに、松の丸表門は現況も、移築門も見ることができます。

◎松の丸表門のことはコチラの記事を

一つの曲輪の表門と裏門の両方が現存しているというのは、なかなかないと思います。

大変貴重ですので、両方訪れることをおススメします。

ということで、犬山城に行ったらセットで見に行ってみたい移築門・松の丸裏門=常満寺山門のご紹介でした。

じゃあね👍

2019年03月17日
犬山城マイスター!たかまる。

– 写真はすべて、たかまる。が撮影したもの、または使用を許可されたものです。
– 図はすべて、たかまる。が描いたものです。
– 著作権などはすべて、たかまる。が所有しています。無断使用などは固くお断りします。

一緒に読むとより楽しい“関連記事”

 

今回の内容に関連して、一緒に読むとさらに楽しくなる記事をご紹介!


みんなとシェアしてね!
error


【犬山で泊まるなら】



【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たかまる。のブログを購読して、更新情報を届けてもらおう!

 
 


この記事をみんなでシェアする!