犬山城天守・地下1階

犬山城天守には地下があります。

地下と聞くと地中と思う方が多いと思いますが、お城では地下は石垣の中のことを言います。

今回は犬山城の石垣の中、地下1階を解説します。

地下とは?

地下と言うと、地上から下りていった地中と思われる方がいるかもしれませんが、お城の地下とは石垣の中のことを言います。

特に犬山城の場合は、地上から石垣の中を通って天守へと上がる「穴蔵」(あなぐら)という構造、つまり天守への出入り口です。

実はこれはとても珍しい構造なのです。

▲ 天守台平面図。三方を石垣に囲まれた構造を穴蔵という。(図:たかまる。)

コチラの記事も参考に↓↓↓

犬山城天守・地下2階

地下1階の様子

犬山城天守の地下1階の様子です。

地下2階より階段であがると地下1階で、上がった目の前には太い梁があります。

これは穴蔵に架けられるようになっています。

▲ 1階へと上がる階段、三方を囲う石垣、太い梁が見どころ(写真:たかまる。)

梁の表面は手斧(ちょうな)という鉋(かんな)が発達する以前の道具で削られています。

▲ 太い梁は手斧(ちょうな)と呼ばれる鉋(かんな)が発達する以前の道具で削られた。(写真:たかまる。)

そして三方を石垣が囲み、その右側(東側)には1階へのあがる階段があります。

穴蔵の石垣を目のまえに写真撮影などする方が多く見られますね。

▲ 三方を囲う石垣。このような場所は犬山城以外にはあまりない。(写真:たかまる。)

南側には明かり取りの格子窓が設けられています。

この窓は敵が侵入してきたときの迎撃の狭間としても使われます。

▲ 南には明かり取りの窓。そして穴蔵へ近づく者の迎撃にも使われる。(写真:たかまる。)

なお、階段は長年の来場者の上り下りですり減っていたので、平成30年度(2018年度)に補修されました。

▲ 1階へと上がる階段の踏み板を平成30年度に補修した(写真:たかまる。)

地下1階の平面図

地下1階の平面図です。

ただし実測図ではないので、あくまでも目安として見てください。

▲ 犬山城天守平面図【地下二階】(図:たかまる。)

まとめ

犬山城天守の地下1階は、

  • 石垣の穴蔵部分で、地下2階から上がってきて1階へと昇る階段が続く
  • 石垣に三方を囲まれている
  • 太い梁がある
  • 明かり取りおよび迎撃のための格子窓がある

という所です。

ということで、犬山城天守の地下1階についてのお話でした。

じゃあね🖐️

2019年09月24日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です