犬山城天守・上段の間(じょうだんのま)

犬山城天守一階の中央には「第一の間」、「第二の間」、「納戸の間」、「上段の間」の四部屋があります。

その中の南西隅にある一段高くなったところが「上段の間」(じょうだんのま)です。

天守にあるのは珍しい「上段の間」について紹介したいと思います。

犬山城天守・上段の間(じょうだんのま)

犬山城天守・1階には「上段の間」という畳敷きの部屋があります。

まずは概要を動画でご覧ください。

 

上段の間(じょうだんのま)はどこにあるのか?

上段の間は天守一階の中央にあります。

詳しくは下の平面図をご覧ください。

赤く塗ったところが「上段の間」(じょうだんのま)です。

広さは12畳あり、床は一段、七寸ほど(約21cm)高くなっており、畳敷きです。

▲ 一階平面図。一階で最も良い場所に上段の間が設けられている。(図:たかまる。)

▲ 上段の間全体。天守内でも一段と格式が上がっている場所だ。(写真:たかまる。)

▲ 上段の間は一段(七寸ほど)高くなっており、畳敷き。(写真:たかまる。)

上段の間の仕様

上段の間は室内に床、棚などが設けられており、畳敷きです。

▲ 正面には床と床脇棚、右手には帳台構えも備えられている。いわゆる書院造だ。(写真:たかまる。)

天井は竿縁を使った竿縁天井(さおぶちてんじょう)です。

現地案内板では猿頬天井(さるほおてんじょう)とされています。

※著者が見る限り猿頬天井ではないと思いますが、著者は建築の専門家ではないので精通されている方が見えましたら確認していただきたいです。

▲ 天井は竿縁天井。(写真:たかまる。)

床(とこ、いわゆる床の間)や床脇棚などが備えられていて、いわゆる書院造と呼ばれるものです。

床は本床と呼ばれる最も一般的なものです。

床脇棚には天袋と棚が備えられています。

棚はよく見かける違い棚とは種類が違いますが、棚の名前まではわからなかったので、ご存知の方はコメント欄にコメントを入れていただけると大変うれしいです。

▲ 床脇棚は天袋と棚が備えられる。(写真:たかまる。)

一見すると創建当時からあるように思われます。

昭和62年に犬山市が発行した「犬山市資料 第三集」には「創建当時の城主の居間」と記されていますが、昭和30年代後半に実施した「昭和の大修理」のときの調査調査によって、文化年間(1804~1818年)頃に改造されたものと推定されています。

その証拠に床の裏側を見てみると、武者走りに不自然に飛び出た部分があります。

ここが床と棚の部分になります。

つまり部屋の広さは変えずに、床の間を設けているということです。

▲ 床の裏は武者走りに飛び出している。あとから付けられたのがよくわかる。写真ぼけてました(;’∀’)(写真:たかまる。)

また、上段の間の北側は「納戸の間」(武者隠し、帳台の間とも呼ばれる)があり、帳台構えになっています。

帳台構えとは書院造における設備のひとつで、敷居(しきい)を畳より一段上げて、鴨居(かもい)を長押(なげし)より一段低くしたところに4枚の襖絵が入っており、中央の二枚は左右に開きますが、外側の二枚ははめ殺しとなっているそうです。

まさに書院造を天守に備えてしまったという、大変珍しい部屋です。

▲ 上段の間の北側には帳台構え。その奥は武者隠しの間として使用していた。(写真:たかまる。)

※犬山市資料第三集は残念ながら市販されておらず、在庫もありません。犬山城のことがたっぷりと詰まった本なので持っていて損はないと思います。古本屋さんで見つけたらぜひゲットしてください!

上段の間は何に使われていたのか?

改造された頃は江戸時代の後期にあたります。

戦などなく平和な時代だった頃です。

そのため、天守はもちろん、お城は政庁として機能しており戦のために用いられていたことはほとんどありません。

犬山城においても同様で、政治は三光寺御殿(現在のキャッスルパーキングのあたり)で行われていたと思われます。

つまり、天守はシンボルとしての役割があるだけでした。

そこで城主が一階を改築して、シンボルとしての上段の間を設けたと思われます。

実際にどれほど使われたかはわかりませんが、城主の威厳を示すには十分だったと考えられます。

▲ 御殿とは別に書院造を天守内部に作ってしまうなんて、城主の威厳バリバリ。(写真:たかまる。)

まとめ

上段の間、納戸の間を含めて書院造が天守内部にあるのは、現存天守では犬山城だけです。

見学される方は一瞬足を止めますが、だいたい素通りしてしまいます。

しかし!

先ほども書いた通り書院造が天守内部にあるのは犬山城天守だけですので、大変貴重なのですよ。

ぜひじっくりと見てほしいと思います。

ということで、犬山城天守一階にある上段の間についてのお話でした。

じゃあね🖐️

2019年10月05日
犬山城マイスター!たかまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA